Japan Modernism 原点の、頂点

その高潔な志がモダニズムという意匠となり、
この地の財産となった。
かつて「日本一の長者村」と称された住吉村。
日本経済を動かした先駆者達の邸宅が今も残り、
精神が息づいている。
それは日本のモダニズムの原点であり、
往時の隆盛を誇る頂点。
誇りと智を宿し、
「ファインレジデンス住吉山手」誕生。

時 魂に磨かれて

智を研ぎ澄ませ、時代を牽引した先人達。
その魂がこの地に芳醇と高貴をもたらし、時に磨かれ、邸宅街の風趣は泰然と醸されている。かつての贅を現代の美質に映したレジデンスがここに。

住吉川/徒歩4分(約320m)

志 文化の証

この地に邸を構えた先人達が高潔な意志で着手したのは、教育施設の充実だった。さらに医療機関も整備。一時滞在の別荘地でなく、財界の名士が生涯を託すに相応しい文化的環境が育まれた。

深田池公園/徒歩9分(約660m)

誇 次章への響鳴

日本の邸宅街の萌芽を成したこの地に相応しい邸宅へ。近代建築の巨匠、ル・コルビジェを師とし、思想を継ぐ「坂倉建築研究所」が監修。その建築美は先人達の智と誇りを次代へと継承する。

深田池公園/徒歩9分(約660m)

※掲載の写真は平成27年3月、12月撮影に撮影したものです。
※掲載の完成予想図・イメージイラストは、設計図を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状、色調・植栽等に変更が生じる場合がございます。
また一部透かして描いている他、周辺の建物等は一部省略しております。予めご了承ください。